DSC07190.JPG

立教大学観光学部西川研究室

主な専門領域は、観光まちづくり・都市計画・観光政策

観光客を受け入れる地域側の視点を基盤に、観光客や観光事業者のあり方を研究しています。

新型コロナによる大学生の旅行意識に関するページはこちらです。

​西川ゼミに関心を持っている方は、まずこちらからご覧ください。

はじめに

都市や温泉地、歴史的観光地、リゾート地などの「地域」を対象に、魅力的な観光地の創出に関する研究に取り組んでいます。

 

具体的には、

  • 都市計画(技術・学・法)は我が国の観光地形成にどのような影響を与えてきたのか?

  • 特に1960年代の観光地における開発と保全の相克

  • オーバーツーリズムに対する歴史的研究

  • 住民とともに取り組む観光まちづくりのあり方について

  • 川越を対象とした観光まちづくりの検討と観光マップの作成(ゼミ活動)

  • 埼玉県小川町における、和紙を活用した観光まちづくりの検討(ゼミ活動)

  • 東京都小金井市における、空地活用による近隣住民のための魅力ある空間創出(ゼミ活動)

  • 千葉県野田市を対象とした自転車を使った観光まちづくりの検討(ゼミ活動)

  • 新型コロナによる学生の旅行意識に対する影響の調査(ゼミ活動)

  • リゾート空間形成に関する歴史的研究(日・欧)

  • ​熱海市における観光開発と都市計画の歴史的関係性に関する研究

  • 文化遺産の保全活用政策(欧)

  • 持続可能な観光地のあり方に関する研究

その他、観光地を対象とした研究に取り組んでいます。

フリーペーパーの発行

2021年11月に、ゼミの活動を多くの方に届けるべく、フリーペーパー vol.1を発行しました。​

ぜひご覧ください。また、立教大学観光学部生向けには、研究室(5号館6階N5614)前での配布や、1年生向けのゼミ説明会での配布を予定しています。

​ゼミのつぶやき

地元観光Instagram コロナ期の観光を考えるアカウントをゼミで運営中

​西川のつぶやき・近況

ゼミ活動Instagram ゼミ活動の様子はこちら 

​各地域プロジェクトの進捗

スクリーンショット 2021-11-09 17.36.20.png

お問い合わせ先

〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26

立教大学新座キャンパス5号館6階N5614

お問い合わせいただきありがとうございました。