観光まちづくりコンテスト

調査の背景

‌ 新型コロナウイルスの蔓延により、移動の自由が失われ、観光が不要不急のものとして取り沙汰されるようになりました。それは、観光に明るい未来を描いていた観光学部生にとっても重く響くものとなりました。
 こうした状況の中、本ゼミでは、緊急事態宣言下の5月に、「with コロナ、post コロナの観光行動・観光地はどう変わる(べき)か?」「with コロナ、post コロナの観光地づくり/観光まちづくりにおいて自分たちは何ができるか?」という問いでオンライン議論を行いました。この議論を通して、自身の居住地周辺にある魅力に気づき楽しむ「地元観光」という考え方の大切さを共有しました。また、「外出自粛の必要がなくなったら、人々はこぞって外に出るのかもしれないが、その際にどこに行くのだろうか。」という疑問から、同年代の学生の考えを把握しようという試みに発展し、幾度もの議論を重ねてアンケート票を作成し、調査を行いました。

調査を実施した学生の思い

‌ 新型コロナウイルスの感染拡大は、全国に大きな影響を与えることとなりました。その中でも、観光業は、人の移動が制限されたことで「観光」そのものが出来なくなってしまい、とても大きな打撃を受けています。私達は「観光を学ぶ学生として」何かできることはないかと考え、私達と同年代の人に対して新型コロナウイルスと観光についての意識を調査することになりました。そして、その結果を公表することで、これからの観光のあり方を見つけられるような貢献をしたいと考えました。
 この調査にご協力してくださった方の多くは、今後の観光に対して、とても関心をもっています。この調査結果を通じて、今の若者がどのようなことを考えているのか伝わったら嬉しいです。
 この調査にご協力いただきました皆様に、お礼申し上げます。ありがとうございました。

調査レポート