Orivers始動!

【Orivers議論】

2021年5月1日、Oriversのディスカッションを行いました。


議論したこと

・分野別に、マップ、それらの関係図→図に落とし込む

・移住関連の団体を把握する

・地域おこし協力隊、どんな人がやってるか?

・(空間的に)どこを拠点に?

・和紙関連の団体を確認する

・小川町にNPOは17団体ある


・観光パンフレットに載ってないところどうするか?

・観光地経営論3回目を参考に

ー自然と文化は切り離せない、

→文化的景観

ー有形資源(建物とか)と文化の中間のものを観光に活かしきれていない?!


1年間のカレンダー(後々作りたいからこれを意識しながら調べる)

・四季の移ろいと共に

⇒フェノロジーカレンダー


・地域資源を空間に落としこむ

・小川町が指定する文化財

・観光資源を観るのか、地域資源を観るのか

⇒地域資源という観点から歴史を観る


・時間軸で行政の政策を確認

⇒別府(観光地経営論3回図参考に)

・計画をこれからまとめる

⇒和紙はどのポジションにいるか?

「和紙の有効活用による町の活性化計画の策定について」(小川町, 2019年)


・RESASで小川町単位&隣接した市町村との比較もやる

・埼玉「県」行政による取り組みはあるのかを把握

・川について調べる

・地域資源を調べる(酒、地ビール、鬼瓦)

・和紙以外の伝統工芸品

・交通アクセス(小川町内と域外)

・民間事業者の動き

⇒観光に限らず!(例 レンタサイクル)

・生活利便性の高い施設がどこに、どれほどあるのか

⇒図で示せるモノは図で!