ゼミ感想5

2年間のゼミがついに終わってしまったものの、週2で話し合いをしているためまだ実感が湧かず…。終わってもみんなに会えるのが嬉しいなと思うほど、ゼミが大好きになれたんだなーと感じます。私もみんなみたいに振り返ろう思います。ゼミに入ろうと決めたのは、ヨーロッパいける!オーバーツーリズム系学べそう!と非常に軽率なノリでした。あとは観光学部でこれを学んだってはっきり言いたかったっていうのが大きいかな〜と思います。わりと真面目だった1年秋。ノリで選んだ西川ゼミが人気だと聞いて、あ、やばい落ちるかもと一瞬焦りました。しかし自分のレポートいいの書けたわと我ながら感心し、面接も楽しくできて、絶対受かると謎に自信がありました笑無事に受かってみんなと顔合わせ!人見知り発揮!みんなのコミュ力に圧倒されていました。そこから始まる週2コマのゼミ。みんなの学びに対して貪欲な姿勢、毎回きつめな課題をこなす姿、ひたすらインプットの日々とみんなで議論するのは楽しかったけど、私からしたら正直きつかった気がします。みんなのやる気についていけない、私だけ全然できてないとか、そんな劣等感をきっと何度も感じていた気がします。でもゼミ合宿でやっと被っていたねこを脱ぎまして、居心地が一気に良くなりました。こんな私を受け止めてくれるみんな大好き!ヨーロッパ合宿のためにゼミをがんばろうと決めた、意気揚々な2年秋。なんとか頑張り続けて、ヨーロッパ合宿目前、中止。心が折れた3年春。今までやってきたことや時間が無駄になってしまったような、悔しさとか虚無感。まあ結局インフルエンザで行けてなかったと思うと自分の運の強さに驚きます。せいなたんごめんね。先が見通せない状況の中、マップも作らなきゃ行けない、フィールドワークもいけないといろいろ制限されていた中でのオンラインゼミは最初はきつかったです。サークルもカツカツで日々何かしらオンラインでミーティング、塾もマックもなくならない、色んなことがきつかった上でゼミがだいぶ重荷に感じたこともたくさんありました。でも私がここにいるのは、みんながりんおつかれ〜とか言ってくれて、ゼミ始まるとあああみんなすき!ってなるからです!あとは、単純に文献を読むインプットからアウトプット中心の作業になったことがとても楽しくて有意義に感じていたからです。3年はひたすら川越のために頑張ってきて、行くことができないなりに議論を重ねてここまでよくやってきたと思う、マップはこれからなのでいろんなことと両立できるようにしっかりがんばります!ただのほほんと頑張る雰囲気じゃなくて、誰かが頑張っているから私も頑張ろうと思える素敵な環境だなって本当に思うし、一人一人全然違う個性があって尊敬できるところも沢山あって、言いたい事が言い合える、でもちゃんと思いやりがあるような本当に良いチームだなって感じます!みんなじゃなかったら絶対続けて来れなかったし、この代だからこそ私らしくいられたし、感謝すぎる!何より、生徒よりも誰よりも頑張っている西川先生の姿は、私にとってゼミ頑張れる源でした。

何を学んだとかそういう真面目なことは書けないけど、みんなも西川先生も本当に感謝してます、ありがとうございます!!2年生から今までやってきたことが今に繋がってると思うし、大切な仲間と、観光学部で何を学んだってはっきり言えるような体験ができて、最初の目標達成できたステキな2年間でした、これからも末永くよろしくお願いします