3月14日 小川町訪問

3月14日に私たちは小川町を訪問しました。今回は2回目の訪問でした。


まずは和紙学習センターへ行き、事前に自分たちで用意した紙料を用いて紙すき体験をしました。紙料は大学で楮を煮て作り、その後は各自自宅で保管して小川町に持ち寄ったのですが、保管が難しくカビをはやしてしまった人が多くいました。しかし、学習センターの方々がその紙料を紙すきができる状態にしてくださり、無事に紙すきができました。また、カビはピンク色だったので、完成した和紙に模様ができて、良い記念になりました。紙すき体験をしてみて、想像していた以上に重く、力が必要であったことに驚きました。また、人によって和紙の分厚さが異なっていて、薄く作るのは難しかったです。

紙すき体験の時に、トロロアオイについての説明も受けました。トロロアオイは接着剤ではないから、すいた紙を重ねていっても紙同士がくっつかないということが印象的でした。


昼食は小川町の食材を使ったお弁当をいただきました。優しい味でとてもおいしかったです。


午後は3人ほどの班に分かれて小川町にある蔵の数を調査しました。私たちが調査したエリアは蔵が多く、少し大変でしたが、皆で協力して取り組むことができました。今回の調査を、今後に役立てていきたいです。


小川町を二度訪問してみて、なんとなく道がわかるようにはなりましたが、まだまだ知らないことが多いです。もっと小川町のことを知って、貢献できるようになりたいです。