20220807 おがわまち自由研究ジャ〜ニ〜

おいでなせえ主催のイベント「おがわまち自由研究ジャーニー」にて、ワークショップや楮のガレット、お茶の販売のお手伝いをさせて頂きました。


楮は和紙の原料のひとつであり、成長した幹の皮を和紙作りに利用します。栄養分を幹に集中させ、幹が太く大きく育つように、不要な葉っぱを刈り取る「芽かき」という作業が夏に行われます。しかし、今までは芽かきされた葉っぱは全て捨てられてしまう運命でした。そこで、芽かきされた葉っぱを有効活用できないかと考えられ、考案されたのが楮のガレットとお茶です!楮のガレットは、ほのかに香る楮の風味を感じられて、とても美味しいです!楮のお茶はまるでハーブティーのようにスッキリと飲みやすく、とても美味しいお茶です!多くのお客様が楮のガレットとお茶に興味を示してくださり、楮の魅力を少しではありますが、広めることができたと感じています。また、楮の活用の可能性について改めて実感することができました。


夕方には、ワークショップで作った燈籠を槻川に流しました。綺麗な槻川にロマンティックな灯篭を流すことで、素晴らしく美しい光景を創り出すことができました。

楮や小川町の魅力を再発見できた一日でした。


おいでなせえのみなさま、小川町のみなさま、ありがとうございました。