20220423 小川町訪問

4月23日小川町を訪問しました。今回は最初に楮畑を訪れました。訪れた楮畑は、整然とスペースが区切られており、丁寧に楮が生育されているのだろうと感じました。皮を剥くこと、和紙をすくこと、など材料をもとに和紙を作っていく作業だけではなく、材料である楮を育てる作業にも手間がかかるのだろうと思いました。例えば雑草が生えないように、楮の周りを囲って工夫されていた点です。より良い楮を育てるために、生育環境を整えるなど手間をかけているのだと感じました。この時期の楮はまだ足元の高さでしたが、5、6月の間に急成長するそうなので、これからの楮の様子が楽しみです。


その後、川沿いを歩きました。水が澄んでおり、見ると暑さが和らぐような気持ちになりました。歩いていると、川沿いに色とりどりのお花が咲いており、心穏やかに歩くことができました。小川町の自然を満喫できた時間でした。


お昼は、わらしべさんで美味しいご飯をいただき、その後旧上野台中学校に移動しました。約20年間使用されておりましたが、現在は廃校となっているそうです。ですが、中学校を一目見た印象は、きれいでまだまだ使えそうだということです。一つ一つの教室を案内していただき、じっくり校内を回りました。壁や床、塗装などきれいな状態が維持されていました。特に、ピンクや水色、黄色、黄緑など、校内が部分的にカラフルだった点が印象的でした。また、教室や屋上から見た景色は、山々が広がっており、見晴らしが良く、小川町の自然の美しさを感じました。これからどのように中学校を活用するのか、とても楽しみです。





最後にキャンプファイヤーをしました。ご飯を楽しんだ後、一人一人小川町のおいでなせえのお二人に向けて自己紹介を行いました。その時の先生の、観光客として楽しむという視点も忘れないずにゼミの活動に取り組むように、という言葉が印象に残っています。今回小川町を純粋に楽しんだ経験を忘れずに、これからの活動に臨みたいと思います。これからよろしくお願いします!