1月23日小川町訪問 感想

1月23日に初めて小川町を訪れました。小川町の名前は聞いたことがあるものの、実際どのような場所なのか分からなかったため、自分の足で直接訪れることで小川町の特徴や良さを知ることができました。和紙の原料である楮をむく作業を体験したり、町を歩きながらガイドさんのお話を聞くなど、とても中身の濃い体験をした一日でした!

その中でも、特に印象に残ったのは、小川町全体が歴史と関係が深く、多くの歴史的建造物が残されていること、歴史や文化を守りつなげていこうと町全体が積極的に行動しているということです。町の至る所に蔵が残っており、和紙と絹の町である小川町で作られた絹を保管していたという歴史があるだけでなく、リモートワーキングスペースとして再利用されているなど、様々なことを知ることができ、とても興味深かったです。

また、まちあるきの際に、通りかかった私たちに快く作業場を見せてくれるなど、住民の方々の心意気の良さや小川町に対する誇りを感じることができました。

また、「わらしべ」さんのように、元々古民家であったものをリノベーションすることで再利用している様子がとても興味深く、歴史的建造物を残すだけでなく、利用していくことの重要さを感じることができました。


小川町への訪問は今回が初めてだったため、全てがとても新鮮で、様々なことを学ぶことができたのでとても充実した一日になりました!これから小川町の魅力をどんどん発見していきたいと思います!