和紙を使った観光まちづくり-実現可能性検討-

6月16日のゼミでは、9日のゼミ内で共有した小川町における和紙を使った観光まちづくりのビジョンに沿って具体的なプラン内容の実現可能性を考えました!


・和紙づくりの過程を資源化する

・和紙に関わる人とつなげる

・和紙と他の資源を組み合わせる

・過去からの流れを汲み取って未来に引き継ぐ

・和紙を日常の生活の中で使ってもらう

・他の地域とのつながりを作る

・自分が関わる

・人に伝える

以上のそれぞれのビジョンに関して「実現可能性」「重要性」の2軸に沿って考えました。







『やりたい!』という気持ちだけじゃなくてルールを決めて優先度を考慮するとやるべきことが見えてきたような気がします!


次は、今回の議論を踏まえ、ゼミ生一人一人が推しアイデアを決定!