ゼミを振り返って(2期生その1)

 とうとう最後のゼミが終わってしまいました…たくさんのことを経験してきたので、本当にあっという間の2年間でした。

授業として集まるのは今回で最後。2年間本当にありがとうございました!先生からの言葉やみんなの言葉を聞きながら、改めてこのゼミを選んで、入ることができて良かったなと感じました。ゼミが始まってすぐの頃は、まさかこんなにゼミが終わってしまうのが寂しくなるなんて思ってもいなかったです。忙しいことも、辛いこともあったけど、本当に、先生とみんながいたから最後まで頑張ることができたのだと思います。本当にありがとうございました。

 この2年間本当に数えきれないくらいたくさんのことを経験し、学ぶことができました。まちづくりや地域と関わる上での考え方はもちろんですが、それにあたってExcel、PPT、SPSS分析(最近では因子分析や回帰分析などまで…)、illustratorなどたくさんの技術も身に付けることができました(まだまだですが)。コロナ禍で課外活動が制限されたり、学校にも行けない状況が続いていた中でもこんなにたくさんの経験をすることができたのは、間違いなくこのゼミに入ったからで、先生がたくさんの機会を提供してくださり、そしてたくさんの時間と熱量を注いでくださったからだと思っています。こんなにもたくさんの経験ができたことで、自分の大学生活に胸を張れる自信が付きました。本当に感謝してもしきれません。

 そしてゼミの最後にも話したように、このゼミに入って「自分でも知らなかった自分に出会えたこと」が一番大きかったように感じます。自分が何か一つのことに熱中できる環境はこれまであまりなく、色んなことに興味はあって全てをやろうとするあまり、いつもどこか中途半端になってしまっていました。そんな自分が興味のあることを妥協せずとも、最後まで頑張ってこれたのは、みんなから刺激をもらってみんなに遅れまいと必死についていこうとしていたからなのかなと思います。それぞれが個性豊かで、他にはない才能を持っていて、優しくて、いつでも助けてくれる皆が完璧すぎて、いつもいつも刺激をもらって自分を奮い立たせていました。「自分でも知らなかった自分に出逢えた」とは言ったものの、みんながつくってくれた自分なのかもしれないなと思います。このゼミに入って皆に出逢って皆の姿に刺激をもらったからこそ、妥協せずに頑張ってこれたなと思います。本当にありがとう。

 このリアぺでもきっとわかるように、自分は言語化することが苦手で、まだまだ、「自分の経験を自分の言葉で語る」のはすごく難しいなと感じています。それゆえ(?)自分のやってきたことに自信を持ち切れていない部分もありますが、就活に向けて、改めて自分がこのゼミの2年間でやってきたこと、そこから学んできたことを振り返り、それを自信をもって「自分の言葉で」伝えられるように今後は頑張りたいです。