はじめての論文

 12月から書き始めた論文の完成が目前になりました。約4か月間、論文とは何かもよく分かっていないところから、テーマの設定、既往研究の調査、データから何が読み取れるのか、たくさんの議論を重ねながら、なんとか形にすることが出来ました。西川先生、お忙しい中、ご指導いただきありがとうございました。

 私が取り組んだテーマは「GoToトラベル事業は今後の旅行にどのような影響を与えるのか」。大学生を中心にとったアンケート調査を元に、GoToトラベルがもたらした効果を明らかにすることを目標としました。

 論文を執筆するにあたって一番難しかったことは、書いていること、調査したこと、一つ一つにきちんと意味をもたせることです。若者を対象とした調査をするなら、なぜ若者を対象に調査をする必要があるのか、GoToトラベルを利用した人の、GoToトラベル終了後の旅行意向について言及することにどんな意味があるのか、すべて突き詰めて考える必要があることを痛感しました。また、論文の流れを考えることも難しかったです。書きたいことはたくさんあるけれど、それをどのような順番で載せたら、読んだ人にきちんと伝わるか考えながら、必要な情報を取捨選択することが大切だと学びました。書き始めてから、何度も大幅に論文の流れを変えて、しっくりくるまで様々な構成を考えることができたと思います。

 この論文からいえることは、GoToトラベルに関する様々な議論の中の、本当に本当に小さな一部分で、まだまだ足りていない調査もたくさんあります。論文を執筆している最中にも、社会の状況は大きく変わり、現在GoToトラベル事業は停止している状況です。これから先も感染状況を考慮したうえで責任のある行動をするということがもちろん最重要ですが、調査段階の大学生がGoToトラベルを利用して、「普段よりも高いランクの宿泊施設に泊まってみた!」ということや、「GoToトラベルを利用して訪問した地域にまた行きたい!」と思っているという事実を伝えられることは、本当に嬉しく思います。また、今回、論文を書いてみて、自分たちがやってきた活動の成果を形にできたという点でとても有意義だったと思います。自分の自信にもなりました。

 これから先のゼミ活動でも、何が課題となっているのか、どのような仮説をもつことができるか、現状からは何が明らかになっているのかということに気づくアンテナを常に張って、きちんとそれらを形にしていきたいと思います。先生、一緒に論文書いた3人、お疲れさまでした!ありがとう!


YM