【小川町】おいでなせえ様×西川ゼミ 第1回観光まちづくり会議 (6/20)




6/20に、おいでなせえ様×西川ゼミ 第1回観光まちづくり会議を行い、小川町での和紙を使った観光まちづくりについて私たちが4月からこれまでに検討してきた内容を発表させていただきました。




まずはじめに小川町プロジェクトに対するゼミ生の想いをお伝えした後、私たちが大切にしたいと考えている8つのビジョンを発表しました。



そして8つそれぞれのビジョンに沿いながら、私たちが今までに考えたアイデアについて、実現可能性と重要度の視点も交えながら説明させていただきました。





発表後には、おいでなせえのみなさんからアイデア一つひとつに対し丁寧にコメントをしていただき、非常に嬉しかったです!


私たちが3班に分かれ「小川町の今」、「小川町の歴史」「小川町の和紙」について調べてきたことの中にはおいでなせえ様でも知らなかった内容もあると分かり、私たちも今まで学習してきたこと以外にまだまだ学びを深められることが多くありそうだと実感しました。


また、議論の最中に、旅先での宿泊時にフロントに預けると、その宿ならではの一言を記入してもらえる「旅の思い出帳」という御朱印帳のようなものがあるということをおいでなせえの方々に教えていただいたため、それも参考に、更に沢山のアイデアを考えられそうです。


後半には、夏に実施を考えている「芽かき体験モニターツアー」に関するお話をおいでなせえ様からお聞きしました。


1日の流れやターゲットなどの詳細が分かって以前より具体的なイメージがわき、ツアー当日がとても楽しみになりました!


これから始まる新たな取り組みに構想の段階から携わらせていただけるのは、とても貴重なことであるため、この恵まれた環境に感謝をしながらツアープランの作成に取り組んでいきたいと思います。


経費やプロモーションなど本当に様々な事柄を考慮しなくてはならないと分かり、実際のツアーを作ることの大変さ・難しさを痛感していますが、授業だけでは勉強することのできない内容なので、すべてを吸収しながら頑張っていきたいです。


今後は小学生の親子向けのツアーを考えるグループと、大学生向けのツアーを考えるグループの2つの班に分かれて活動していきます。製品としてだけではない和紙の魅力を多くの人々に伝えられるよう、たくさん考え、よいツアーにしたいです!